メニューをスキップして、このページの本文へ
健康づくり支援センター トップページへ 健康づくり支援センター
生活習慣病の予防と基礎知識 食生活チェック 健康おすすめレシピ 体力チェック 体力づくり 健康づくり 行動目標設定のしかた
HOME > 食生活チェック:活用しよう!食事バランスガイド
 

活用しよう!食事バランスガイド

「食事バランスガイド」は、「いったい何をどのくらい食べれば体によいのかわからない」、あるいは「毎日忙しくて栄養素を意識して食べることが難しい」という人にも、望ましい食事の組み合わせがひと目でわかるように作られたものです。

食事を「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5つの料理区分に分け、それぞれ1日に必要な量を、コマの形のイラストに当てはめて表しています。どれかひとつのグループだけをとり過ぎるなどしてコマが倒れてしまわないように、意識してメニューを選び、栄養バランスを改善していきましょう。

「食事バランスガイド」の考え方

食事バランスガイドの内容を詳しく見てみましょう。
<下の画像をクリックすると拡大表示できます>

食事バランスガイドの図

主食、副菜、主菜って何?

焼き魚定食のお膳を思い浮かべてみましょう。「主食」はごはんで、主に炭水化物の供給源となるものです。「副菜」は、筑前煮とお浸し、野菜入りの味噌汁で、野菜、芋、海藻など、ビタミンやミネラル、食物繊維の供給源となります。そして、「主菜」は焼き魚で、肉、魚、豆腐など、主にたんぱく質の供給源となる料理です。 

一日にとる量の目安

1日にとる食事量の目安は、性別、年齢、身体活動量によって違います。
次のチャート図を使って、自分の食事の適量を知りましょう。

<下の画像をクリックすると拡大表示できます>

下のイラストは各区分の料理がいくつ分にあたるかを表しています。
1日にどのくらいとればよいか、とり方のポイントと食事の適量チャート図をあわせて見ていきましょう。

主食

<画像をクリックすると拡大表示できます>主食の調理例

主食は、人間の活動に重要なエネルギー源ですが、現代の食生活では、主食が不足し、肉や魚、嗜好品からエネルギーをとり過ぎる傾向があります。肥満を予防するためにも、毎日、主食からエネルギーをしっかりとりましょう。
>>食事の適量チャート図を見る

 
あなたは……?  (      )

副菜

<画像をクリックすると拡大表示できます>
副菜の調理例

野菜やきのこ、芋、海藻は、人間の活動に欠かせないさまざまな栄養素を含んでおり、生活習慣病予防の観点から見ても、多くのメリットがある食品です。日本人のすべての世代で摂取不足になっていますので、毎食1品、副菜をプラスし、多めにとるように心がけましょう。
>>食事の適量チャート図を見る

 
あなたは……?  (      )

主菜

<画像をクリックすると拡大表示できます>
副菜の調理例

主菜は、体を作る成分となったり、体力のもととなったりする重要な栄養素、たんぱく質の供給源となります。脂分を多く含む料理を選んだときは、脂質やエネルギーの過剰摂取を避けるため、目安よりも少なめにする必要があります。 
>>食事の適量チャート図を見る

 
あなたは……?  (      )

牛乳・乳製品

<画像をクリックすると拡大表示できます>
牛乳・乳製品の調理例

牛乳やヨーグルト、チーズは、じょうぶな骨に欠かせないカルシウムを多く含んでいます。カルシウムは吸収されにくい栄養素で、毎日必要な分を摂取しなければなりません。日本人は慢性的なカルシウム摂取不足。毎日、2つ分は摂取するようにしましょう。
>>食事の適量チャート図を見る

 
あなたは……?  (      )

果物

<画像をクリックすると拡大表示できます>
果物の調理例

果物は、抗酸化作用のあるビタミンCや、ナトリウムの排泄にかかわり血圧をコントロールするカリウムを多く含んでいます。日本人は、果物を毎日とる習慣のない人も多いのですが、1日2つを目安に積極的に摂取したい食品です。
>>食事の適量チャート図を見る

 
あなたは……?  (      )
 
>>主な料理の「つ(SV)」とエネルギーの目安

 

ページ先頭へ