メニューをスキップして、このページの本文へ
健康づくり支援センター トップページへ 健康づくり支援センター
生活習慣病の予防と基礎知識 食生活チェック 健康おすすめレシピ 体力チェック 体力づくり 健康づくり 行動目標設定のしかた
HOME > 生活習慣病の予防と基礎知識:たばこ
 

たばこ

たばこの害を正しく知ろう

たばこの煙には、ニコチン、一酸化炭素、タールなど有害物質が含まれており、がんや心臓病、慢性気管支炎などさまざまな病気の危険因子です。健康づくりのためには、できれば禁煙、せめて節煙したいものです。

公共の場や職場や家庭で分煙を

たばこの煙は、フィルターを通して喫煙者が吸う煙(主流煙)より、周囲に広がる煙(副流煙)のほうが有害な物質が含まれています。そのため、喫煙者本人だけでなく、煙を吸った人(受動喫煙)も病気にかかる危険があります。たばこを吸う人、吸わない人がお互いに気持ちよくすごすために、吸う場合は喫煙マナーを守り、分煙を実行してください。

あなたのニコチン依存度チェック 

質問1

朝起きてからどのくらいで最初のたばこを吸いますか?

 

(1)5分以内  (2)5〜15分
(3)15〜30分 (4)30分〜1時間
(5)1〜2時間 (6)2時間以上

質問2

たばこをまったく吸わずに1日を過ごすことは難しいですか?

 

(1)とても難しい  (2)難しい
(3)やさしい (4)とてもやさしい

質問3

あなたは通常1日に何本のたばこを吸いますか?

 

(    )本

3つの質問の合計点があなたのニコチン依存度です。

  1 2 3 4 5 6
質問1 5点 4点 3点 2点 1点 0点
 
  1 2 3 4
質問2 5点 4点 3点 2点
 
  1〜10本 11〜20本 21〜30本 31本以上
質問3 1点 2点 3点 4点
 
合計
 
ニコチン依存度の判定 12点で高い 0点は低い
 
(資料『ファーガストロームたばこ依存度調査票』マーチン・ジャービス氏)
 

>>行動目標の設定の仕方

ページ先頭へ