メニューをスキップして、このページの本文へ
健康づくり支援センター トップページへ 健康づくり支援センター
生活習慣病の予防と基礎知識 食生活チェック 健康おすすめレシピ 体力チェック 体力づくり 健康づくり 行動目標設定のしかた
HOME > 生活習慣病の予防と基礎知識:糖尿病
 

糖尿病食事と運動が予防のカギ

   
基準値 ・尿糖(−)(±)
・血糖 110mg/dl 未満(空腹時)
・ヘモグロビンA1c 5.8%未満

合併症が怖い糖尿病!

チェックテスト

糖尿病危険度チェック!

糖尿病は、初期段階はほとんど自覚症状もなく、静かに進行していきます。それだけに検査で血糖が高いといわれても、放っておく人も多いようです。 

しかし、血糖が高い状態が長く続くうちに、ある日突然症状として合併症があらわれます。網膜の血管が破れて失明したり、脳や心臓、腎臓の血管が侵され、命の危険にさらされることもあります。

糖尿病は自己コントロールが肝心

糖尿病にはいろいろなタイプがあり治療法が異なるので、受診して詳しく診断してもらいましょう。血糖を下げる内服薬やインスリンが処方されることがありますが、糖尿病の治療の基本は食事と運動の習慣を改善すること。医師からのエネルギー摂取量と運動量の指示を生活に無理なくとり入れ、継続していく工夫が必要です。

糖尿病が引き金となる合併症・併発症

糖尿病が引き金となる合併症・併発症の図

三大合併症

<糖尿病網膜症>
進行すると視力が低下し、失明に至ることもある。

<糖尿病腎症>
腎機能が低下し、進行すると人工透析が必要になることもある。

<糖尿病神経障害>
「手足のしびれ」「違和感」などがあらわれる。

 

>>行動目標の設定の仕方

ページ先頭へ