メニューをスキップして、このページの本文へ
健康づくり支援センター トップページへ 健康づくり支援センター
生活習慣病の予防と基礎知識 食生活チェック 健康おすすめレシピ 体力チェック 体力づくり 健康づくり 行動目標設定のしかた
HOME > 生活習慣病の予防と基礎知識:脂質異常症
 

脂質異常症血液サラサラを心がけて

   
基準値 LDLコレステロール値が140mg/dl未満
HDLコレステロール値が40mg/dl以上
中性脂肪が150mg/dl未満
(参考値:総コレステロール値220mg/dl未満)

脂質異常症ってなに?

チェックテスト

脂質異常症危険度チェック!

脂質異常症とは、血液中の脂肪分、つまりコレステロールや中性脂肪の量が異常に多い状態をいいます。どちらも体に必要なものですが、増えすぎると動脈硬化を引きおこしてしまいます。

動脈硬化は、血管の老化による症状なので誰にでもおこるものですが、脂質異常症になるとさらに動脈硬化が進行してしまいます。

コレステロールと中性脂肪の働き

コレステロール

体内細胞膜・ホルモンの材料となる。
増加すると動脈硬化が進む。

HDL(善玉)
コレステロール

血中の余分なコレステロールを肝臓に回収したり、血管壁に沈着したコレステロールを除去する。

LDL(悪玉)
コレステロール

肝臓からコレステロールを体内に運ぶ。多くなりすぎると血管にたまり酸化が進んで動脈硬化を加速させる。

中性脂肪

体温を一定に保つなど、体を動かすエネルギー源となる。増えすぎるとHDLを減らす。

動脈硬化の進行

動脈硬化の進行 1の図 (1)血液中に脂肪分が増える。
動脈硬化の進行 2の図 (2)LDLコレステロールが血管壁に入り込む。
動脈硬化の進行 3の図 (3)異物をとりこむ働きをするマクロファージがLDLコレステロールを食べる。
(4)マクロファージが大きくなり血管の中が狭くなる。また破れやすいために血栓をつくりやすい。

>>行動目標の設定の仕方

ページ先頭へ