メニューをスキップして、このページの本文へ
健康づくり支援センター トップページへ 健康づくり支援センター
生活習慣病の予防と基礎知識 食生活チェック 健康おすすめレシピ 体力チェック 体力づくり 健康づくり 行動目標設定のしかた
HOME > 生活習慣病の予防と基礎知識:肥満
 

肥満肥満は生活習慣病の第一歩

   
基準値 BMI 18.5以上25.0未満

どうして肥満はいけないのか

チェックテスト

肥満危険度チェック!

肥満とは、体の中に必要以上の脂肪をたくわえてしまっている状態をさします。そのため内臓などに負担がかかり、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の大きな要因となっています。とくに肥満の中でも内臓の周囲に脂肪がたまる内臓脂肪型肥満は、皮下脂肪型肥満に比べて生活習慣病が発症しやすいといわれています。ベルトがきつくなったら要注意です。

また最近の研究では、脂肪細胞自体から、さまざまな病気を引きおこす生理活性物質がつくられていることがわかってきています。

自分の体重に興味を持とう

肥満は生活習慣病の下地をつくってしまいます。他の検査データに異常がみられない場合でも、肥満傾向なら、なるべく適正体重に近づけることを心がけましょう。まずは1日に1回は自分の体重をチェックすることが健康への第一歩です。

BMI(Body Mass Index)による
肥満度の計算の仕方

あなたの体格指数を計算します。結果を判定表にあてはめてみてください。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

■判定
25.0以上 肥満
18.5以上25.0未満 正常域
18.5未満 やせ

☆いろいろな調査からBMI 22前後の人が最も病気にかかりにくいことがわかっています。

適正体重=身長(m)×身長(m)×22

BMI計算のしかた

あなたの体格指数を計算します。
※身長と体重を半角数字(整数)で入力してください

身長 cm

体重 kg

 

BMIは

です

適正体重は kgです

体成分分析器で測定しませんか

健康づくり支援センターでは、みなさんの健康づくりに役立てていただくために体の成分を測定する機器を導入しました。わずか2分の測定で体の部位別の分析や、骨格筋量(筋肉量)の分析等が行えます。体の成分は、健康なときは、正常の値に保たれていますが、いったん崩れると、生活習慣病をはじめ、さまざまな病気に移行することがあります。つまり、体内の成分を測定することで、病気の発症を早期にキャッチし、病気の予防・診断に役立てることができるのです。ぜひ健康づくり支援センターで、あなたの体の「成分」を測定してみませんか。

 

>>行動目標の設定の仕方

ページ先頭へ