メニューをスキップして、このページの本文へ
健康づくり支援センター トップページへ 健康づくり支援センター
生活習慣病の予防と基礎知識 食生活チェック 健康おすすめレシピ 体力チェック 体力づくり 健康づくり 行動目標設定のしかた
HOME > 生活習慣病の予防と基礎知識:歯周病
 

歯周病歯みがきと健診が大切

歯周病とはどんな病気?

歯周病は、歯ぐきである「歯肉」や歯のクッションの役割をしている「歯根膜」、歯の土台である「歯槽骨」などの組織に炎症がおこる病気です。口の中に食べ物が残っていると細菌が繁殖し、歯にネバネバした「歯垢」が付着します。この歯垢にすみついた歯周病菌が出す毒素によって炎症がおこってしまうのです。

 
  模式図 診察所見 自覚症状 口腔写真
G1
歯肉炎
歯肉炎の模式図 歯ぐきに慢性の炎症がおこっている状態。歯周ポケットが形成されつつある。 歯をみがくと出血することがある。
歯ぐきが赤くなっている部分がある。
歯ぐきのはれが目立つ。
歯肉炎の口腔写真
P1
軽度歯周炎
軽度歯周炎の模式図 歯ぐきの炎症が進み、歯周ポケットが完全にできている。歯槽骨の破壊もこの時期から始まる。 歯が浮いたり、ムズムズする。
歯みがきで必ず出血する。
歯ぐきが赤紫色になっている。
軽度歯周炎の口腔写真
P2
中程度歯周炎
中程度歯周炎の模式図 歯周ポケットが深くなり、歯周病が歯槽骨にまで進行している状態。 歯が長くなった感じがする。
歯ぐきを押すとうみが出ることがある。
ときどきはれることがある。
中程度歯周炎の口腔写真
P3
重度歯周炎
重度歯周炎の模式図 歯槽骨の破壊がかなり進行し、歯がグラグラする。やがて歯が抜け始める。 歯がグラグラする。
食べ物をかむことができない。
口臭がひどい。
重度歯周炎の口腔写真

生活習慣の改善で歯周病を防ぐ

40歳以降に歯を失う大半の原因は、歯周病といわれています。歯周病は非常にゆっくり進行するために、歯周病が原因で歯が抜ける時期が、ちょうど初老の時期と重なります。そのため歯が抜けるのは、老化によるものとあきらめている方もいるかもしれません。しかし口の中を清潔に保つ、というよい生活習慣を築けば、歯周病を防ぐことができ、年をとっても自分の歯で食べることは十分可能なのです。

半年に1回は歯医者さんに行こう!

きちんと歯みがきをすることは重要ですが、どうしても歯みがきだけでは行き届かない部分がでてきます。予防的な治療として、年に1〜2回は歯医者さんに行って歯石の除去や現在の歯の状態をチェックしてもらうようにしましょう。

基本の歯の磨き方

<正しい歯みがきの基本〜スクラッビング法を使って>

正しい歯みがきの基本 1の図

歯ブラシは歯に垂直に当てる。みがく力は100〜200g程度。

正しい歯みがきの基本 2の図

歯ブラシを小刻みに横に動かす。1か所につき30回程度振動させる。歯1本〜1本半ぐらいずつずらしていく。

正しい歯みがきの基本 3の図

前歯の裏側は、歯ブラシを立てて、縦に小刻みに振動させる。

  • 歯の形や歯並びは一人ひとり違うので、自分の歯に合った効果的な歯みがきの方法を見つけ、習慣にすることが大切です。
  • 歯と歯の間など、歯ブラシでは届きにくい部分を清潔にするために、歯間ブラシや糸ようじを使ってみましょう。
 

>>行動目標の設定の仕方

ページ先頭へ