メニューをスキップして、このページの本文へ
健康づくり支援センター トップページへ 健康づくり支援センター
生活習慣病の予防と基礎知識 食生活チェック 健康おすすめレシピ 体力チェック 体力づくり 健康づくり 行動目標設定のしかた
HOME > 体力づくり:日常生活にひと工夫を
 

日常生活にひと工夫を

積極的に動くという意識をもって運動量を増やしていきましょう。
今まで習慣のなかった運動をいきなりはじめるというのはなかなか大変なことです。まずは日常生活の中で工夫をして体を動かし、少しずつ運動することを習慣にしていきましょう。毎日が忙しい人でも、ほんの数分間、空いた時間にできることを探し、活用することで、体力アップを実感することができます。ここに紹介されている運動を最初からすべて行うのではなく、ふと思い出したときにまずはひとつずつはじめていきましょう。

[午前] 6:00〜9:00

行動目標

目覚めにストレッチング
目覚めとともに、手足を伸ばしてストレッチングをすることにより目覚めがよくなります。

   
行動目標

駅まで歩く
駅まで自転車やバスを利用している人は、思い切って歩いてみましょう。普段歩いている人は少し遠回りをして駅に向かいましょう。

   
行動目標

電車の中でバランス訓練
手すりなどを持たずに電車の揺れを感じ、バランスをとる練習をしてみましょう。

[午前] 9:00〜12:00

行動目標

階段を利用
エスカレーターやエレベーターを利用するのではなく、階段を利用しましょう。このとき、一段飛ばしで上ると運動効果を高めることができます。

   
行動目標

姿勢を良くする
腰痛防止のためにも、正しい姿勢が大切です。意識的に上体を引き上げ、背すじを伸ばすようにしましょう。

   
行動目標

机の下のトレーニング
ひざを押さえた状態でかかとを浮かしたり、両ひざに本を挟んで力を込めたり、仕事中であってもこっそり下半身の筋力トレーニングができます。

 

 >>午後のひと工夫 >>行動目標の設定の仕方

ページ先頭へ