人間ドック

乳房X線検査(マンモグラフィ)/乳房超音波検査

 近年わが国で乳がんになる人は年々増加しています。女性のがんの中で罹患率(がんになる人の割合)が一番高く30人に1人はかかるともいわれているほど乳がんは身近ながんともいえます。

 欧米では女性に一番多いがんで食生活の欧米化などの影響により今後日本でもさらに増加すると考えられます。

 しかし早期に発見すればたとえかかったとしても治る可能性の高い病気です。

検査方法

X線検査(マンモグラフィー)

 乳房のX線撮影のことです。乳房は柔らかい組織でできているため専用の装置を使い乳房をはさんで撮影します。

 乳房全体を均等に圧迫することで、乳がんの初期症状の一つである石灰化を見つけ出す最適な検査です。圧迫をすることで痛みを伴うことがありますが少しの間がんばってください。

 検査時間は15分程度です。

超音波検査

  胸にゼリー状の液を塗って超音波をあてて検査します。発達した乳腺を検査することに適しています。乳がん及びしこりの有無だけでなく、その性状を観察することに優れています。超音波検査はからだに害がないため繰り返し受けても問題ありません。また痛みもなく食事の制限もありません。

 検査時間は15分程度です。

<1つでもあてはまる方におすすめします>

  1. 初潮が10歳以下の方
  2. 閉経が55歳以上の方
  3. 初産が高齢の方
  4. 未婚および出産経験のない方
  5. 乳がんにかかった家族をもつ方(祖母、母、姉妹)

ページ先頭へ戻る