財団のご案内

公益財団法人武蔵野健康づくり事業団 組織目標

 私たちは、「健康」とは、「人生の目的そのものでなく、一人ひとりにとっての人生の目標、希望を叶えるために必要とするものであり、個人個人の財産」であると考えます。
 そして、地域住民が「個人個人の財産を守る」、すなわち「自分の健康は自分で守る」を第一に考え、主体的に行動を起こすことが人生をより豊かなものとし、この健康観をより多くの人々が共有することが、健康なまちづくりに繋がると考えます。そのため、私たちは、地域住民のあらゆるライフステージに対応した健康づくりの支援を推進するとともに私たちの持つ専門的知識・情報を社会全体で共有すべきものと考え、その普及に積極的に取り組みます。
 職員一人ひとりが担うべき使命感を自覚し、全力で取り組むため、ここに5つの目標を掲げます。

1.本気で取り組む
 私たちは、事業団の掲げる目標の達成を信じ、常になすべき最善を尽くしていきます。
2.本物である
 私たちは、健康づくりのプロとしてふさわしい専門性、発想力、実行能力等を高めていくため、常に前進していきます。
3.顧客満足度を重視する
 私たちは、地域住民の声に耳を傾け、ニーズを的確に把握し、顧客満足を最優先として地域の必要に応えて生きます。
4.内部の団結力と外部との連携
 私たちは、組織内外において、人と組織のつながりを大切にし、より効果的で発展的なサービスを創り出していきます。
5.自ら健康である
 私たちは、自ら心身の健康を保ち、健康の素晴らしさを実証していきます。

主な事業と内容

主な事業 内  容  等
地域住民の健康管理事業 人間ドック事業所健康診断、診断書発行目的の個人健診など
健康づくり推進員、人材バンク、普及員との協力による健康づくりの意識啓発事業 インボディ測定会、健康づくりの集い、出前講座、ウォーキング教室、体験型食育講座、生活習慣予防・改善に関する講座、通信講座、イベントの開催など
武蔵野市からの受託事業 胃がん検診、胸部検診、乳房X線検査、骨粗しょう症予防教室、大腸がん検診、肝炎ウイルス検診、3歳児健診(検査)など
医療機関との連携による各種検査事業 市内医療機関からの依頼によるCT、超音波等の各種検査など
健康づくりに関する調査研究事業 生活習慣病に関する調査研究(人間ドック学会・公衆衛生学会への参加及び研究発表)
一次予防と二次予防の連携による健康保持増進事業のあり方に関する調査研究など
健康づくり情報発信事業 健康情報誌の発行・配布、武蔵野三鷹ケーブルTV・ホームページ・FM放送を活用した情報提供、情報発信協力パートナーによる情報発信など
健診等(二次予防)と、生活習慣改善(一次予防)を連携させた効果的な健康づくり事業 健康づくり支援を行う必要のある地域住民に対し、市内医療機関等の地域の協力を得て参加者を募り、テーマ別に行う体験型セミナー等の実施など

 

ページ先頭へ戻る