人間ドック

検査結果を活用しましょう 貧血といわれたら

貧血といわれたら
>>>鉄分の補給が大事

貧血は酸素欠乏の病気

 貧血とは、体内の細胞や組織に酸素を運ぶ役割をもつヘモグロビンが減少し、酸欠になっている状態のことです。原因として、次のようなことが考えられます。

  1. 鉄分の不足
  2. 骨髄が血液をつくらない
  3. からだのどこかから出血している

 また、血液の病気やがんなどが原因のこともあります。そこで、まず貧血になっている原因を明らかにすることが大切です。

若い女性に多い「鉄欠乏性貧血」

若い女性の鉄欠乏性貧血が増えています。これは、無理なダイエットや偏食などによる、鉄分の摂取不足が原因です。食生活を見直して、鉄分を多く含む食品を心がけてとりましょう。

アドバイス:鉄分たっぷりの食生活で貧血予防

  • 栄養バランスのとれた食事をとり、1日3食きちんと食べましょう。
  • 鉄分を多く含む食品をとりましょう。
    小松菜(80g) 2.2mg 卵(50g) 0.9mg
    豚レバー(80g) 10.4mg 納豆(50g) 1.7mg
    あさり(30g) 1.1mg いりゴマ(3g) 0.3mg
    乾燥ひじき(10g) 5.5mg まいわし(80g) 1.5mg
  • 赤身の肉、魚、乳製品など良質のたんぱく質を含む食品をとりましょう。
  • 造血作用や鉄分の吸収を助ける葉酸、ビタミンC・B12を多く含む食品をとりましょう。
     葉酸・・・レバー、卵黄、緑黄色野菜など
     ビタミンC・・・緑黄色野菜、果物など
     ビタミンB12・・・レバー、肉、貝など

鉄剤に頼りすぎるのは危険

 食事で鉄分をとるかわりに手軽な栄養補助食品に頼ると、過剰に摂取する危険性があります。その結果、肝臓、心臓、すい臓、皮膚などに鉄が付着して、いろいろな障害を起こすことになります。鉄剤を飲むときには、必ず医師に相談しましょう。


ページ先頭へ戻る