人間ドック

検査結果を活用しましょう 腎機能に異常があるといわれたら

腎機能に異常があるといわれたら
>>>尿を自己チェックし、食生活の見直しを

自覚症状が少ない腎臓病

 腎臓病には糸球腎炎(急性腎炎、慢性腎炎)、腎のう胞、ネフローゼ症候群などがありますが、そのほとんどが進行性のもので、しかも初期のうちは自覚症状がありません。そのため、気づかないうちに症状が悪化してしまい、さらに進行すると人工透析が必要になることもあります。しかし、食事をはじめ生活習慣を見直して病気と上手に付き合えば、病気の進行をおさえることができます。

腎臓をいたわる生活

  • 早寝、早起きで疲労を防ぐ
  • 水分を上手にとり排尿をがまんしない
  • 腎臓病を引き起こすかぜに注意

チェック:尿の状態を自己チェックしよう

 腎臓に異常があると、尿の状態や量、回数などに異変が起こります。定期検査を受けるとともに、自分でも尿の状態をチェックしましょう。

  • 血は混じっていませんか?
  • 濁っていませんか?
  • 1日に10回以上、トイレにいきますか?
  • 1日の尿量が400ml以下ではありませんか?

<尿の色、量から疑われる病気>

血尿 腎炎 尿管結石 膀胱腫瘍 腎臓がん 膀胱炎
白い小片が混ざっている 腎盂腎炎 腎腫瘍 膀胱炎
濃い黄色 肝臓病
頻尿 膀胱炎 尿道炎 慢性腎不全 尿崩症
欠尿 急性腎炎 心不全 ネフローゼ症候群
尿がでにくい 膀胱結石 尿管結石 膀胱炎 前立腺肥大症

アドバイス:腎臓病の人の食生活のポイント

  • 良質のたんぱく質を適量とる
    症状に応じて、たんぱく質の制限が必要になります。その場合には、肉、魚、卵などの動物性たんぱく質を中心に適量とることが大切です。ただ、病状によっては、たんぱく質の摂取量を増やさなければならないこともあるので、医師の指示に従ってください。
  • 食塩を控える
    腎臓病には、高血圧やむくみが関係しています。食塩の摂取を控えるよう心がけましょう。

ページ先頭へ戻る